刈谷を知るなら 郷土資料館

ツイートする Facebookでシェアする LINEで共有する

国の登録文化財に認定された歴史ある資料館で、刈谷の文化遺産や民俗資料などを展示しています。

 昭和初期の建築様式をとどめる亀城小学校旧本館の建物を保存活用して、昭和55年に開館した資料館です。平成23年4月29日(昭和の日)に新たに昭和30年代の教室や民家の部屋の再現展示を加えてリニューアルオープンしました。

 ■建物について 

 亀城尋常高等小学校の本館として昭和3年10月に竣工しました。設計は元愛知県の技手、大中肇氏によるもので、大中氏は刈谷町に出向後建設事務所を設立し、西三河を中心に活躍されました。この建物は西洋建築のバロック様式の流れを汲むものであり、地方都市に鉄筋コンクリート造が普及し始めたころの建築物です。また、大中氏の代表的な建築物でもあります。

 新校舎建て替えの際に取り壊しの方針でしたが、卒業生や市民のみなさんの働きによって保存され昭和55年に刈谷市郷土資料館として開館し、平成11年には国の登録文化財になりました。

■展示物について 

 郷土資料館には8つの展示室があり、刈谷城関係史料や農具、民具等を展示しています。 

 昭和30年代の懐かしい小学校の教室や、昭和の家庭が再現された展示室が人気があり、個人の方が集められた珍しく懐かしいおもちゃの展示もあります。

■イベントについて

 土・日・祝日には、本格的なはた織り機を使った「はた織り」を体験できます。三河木綿の伝承を目指して活動する団体の会員の方が丁寧に指導してくれますので、初めての方も安心して体験することができます。(有料)

 その他にも様々なイベントを開催していますので、ぜひお越しください!

 イベントの詳細は、刈谷市ホームページをご覧ください。

 

詳細情報DATA

観る・遊ぶ 歴史・文化
住所 刈谷市城町1-25-1
休館日
月曜日が祝日の場合はその翌日、年末年始(12月29日~翌1月3日)
利用料金 無料
アクセス 名鉄「刈谷市」駅下車徒歩15分
駐車場 亀城公園駐車場をご利用ください。(徒歩5分)
お問い合せ先 0566-23-1488

マップMAP